日本サイエンスサービス(NSS)とは

NPO法人日本サイエンスサービス(NSS)は、科学自由研究コンテスト受賞経験のある大学生・大学院生が中心になって活動するNPOです。研究の醍醐味を誰よりも知っている自由研究の先輩たち(大学生や大学院生)が、後輩たち(小学生~高校生)の自由研究の応援と、科学研究ファンを広げる努力しています。そのさらに先輩にあたる社会人スタッフは後方支援を行いながら、若き研究者の育成に力を入れています。NSSのスタッフには、高校生のための科学自由研究の国際大会出場経験者も多く、その研究好きさは半端ではありません。若き「研究大好き集団」、それが日本サイエンスサービスです。

沿革

1996年12月 国際学生科学フェア(ISEF)日本代表経験者により、ISEF日本同窓会が結成。
1997年1月 国際学生科学フェア(ISEF)日本代表高校生への支援を始める。
2002年1月 科学自由研究振興のためのNPO法人設立構想が持ち上がる。
2003年5月 NPO法(特定非営利活動促進法)改正。特定非営利活動に「科学技術の振興を図る活動」が追加。法人化に向け検討。
2003年7月 科学自由研究コンサルタント開始
2003年11月 設立総会。
2004年3月 内閣府より設立認証。法人登記。
2004年5月 インテル国際学生科学フェア(Intel ISEF)に審査員・教育者・プレスを初めて派遣
2007年3月 小柴昌俊科学教育賞奨励賞受賞

オフィス

茨城県つくば市小白硲672-162

事務局:名古屋市中区錦3-6-17-703