科学・技術フェスタin京都2011に出展

2011/12/17

  

 12月17日(土)・18日(日)、国立京都国際会館にて内閣府主催の科学・技術フェスタin京都2011に参加しました。科学自由研究の国際大会(Intel ISEF)出場経験者である若手スタッフが、Intel ISEFについてやIntel ISEF出場時の研究内容を紹介したり、合成写真プログラム(Intel ISEF2008出場者開発)体験コーナーを出展しました。多くの来場者が、Intel ISEF会場風景や表彰式の様子を背景とした合成写真撮影を楽しみながら、Intel ISEFについて興味をもっていただいた様子でした。

主催:内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、科学技術振興機構、情報通信研究機構、日本学術振興会、理化学研究所、物質・材料研究機構、宇宙航空研究開発機構、海洋研究開発機構、日本原子力研究開発機構、産業技術総合研究所、国立高等専門学校機構、京都産学公連携機構(京都府、京都市、京都商工会議所等)、国立京都国際会館、日本学術会議、関西経済連合会、世界化学年2011日本委員会、稲盛財団

出展協力:インテル株式会社

来場者数=3,190名(17日:1,950名、18日:1,240名)

出展コーナー来場者数:600名(17日:274名、18日:326名)


(参加ボランティア数:9名)