ISEFファイナリスト研修会を実施

3月27日、29日、30日の3日にわたり、第18回高校生・高専生科学技術チャレンジ(JSEC2020)から選出された国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)日本代表の研修会が、オンラインにて行われました。

日本サイエンスサービス(NSS)では、本研修会の企画をはじめ、5月3日から始まるISEF本番に向けた、英語でのプレゼンテーションと質疑応答の練習をサポートしました。

研修初日は、NSSスタッフによるISEFの概要とルール説明、ISEFで聞かれる質問と効果的な受け答え方のレクチャーが行われました。例年とは異なりオンラインで大会が行われるため、これまでとは異なる提出資料や発表方法についての説明もありました。ファイナリストたちからも質問が挙がり、画面越しながらも真剣な姿勢が伝わってきました。また、この日は各々の研究チームによる日本語での研究発表と質疑応答、2~3分でプレゼンするための英語原稿の作成を行いました。ファイナリストは、1年間掛けて行った研究の魅力を短い時間の中で最大限に伝えられるように、試行錯誤しながら文章を考えていました。

2日目には、英語ボランティアスタッフの協力のもと、作成した英語原稿の推敲、英語での発表と質疑応答の練習を行いました。慣れない英語でのやりとりに最初は戸惑いながらも、アドバイスをもらいながら練習を重ね、一生懸命に取り組んでいました。また、ランチタイムには、ミネルバ大学の学生の方々と会話をしながら休憩をしました。

最終日は、研修会のまとめとして、3つのグループに分かれて発表会を行いました。どのチームの発表も、前日より格段にレベルが上がっていました。本番までに改善するべき点も明確になり、充実した発表会となりました。研修の最後には、ファイナリストみんなで日の丸を掲げ、パソコンの画面上で記念撮影をしました。

通年とは異なるオンラインでの研修会で、やりとりが難しいと感じることもあったかもしれませんが、とても価値のある3日間となりました。ISEFまで残り1ヶ月と少しです。今回の研修会で得たことを踏まえて、さらに自信を持った発表ができるように準備を進め、ISEFの舞台で輝けることを祈っています。また、オンラインでの開催ではありますが、全力で楽しみ、彼らにとって一生の思い出となることを期待しています。

参加ボランティア数:27名

ISEF日本代表向け質疑応答練習

2021年3月21日、第64回日本学生科学賞から選ばれたISEFファイナリスト向けに2回目の研修会が行われました。英語での質問対応練習やISEFに向けて不安なことの相談など、近づいてきた本番に向けての準備を本格的にはじめています。残り1ヶ月ほどですが、万全の体制で臨めるよう今後もサポートしていきます。

参加ボランティア数:6名

ISEF日本代表の研修会でスタッフが解説

日本学生科学賞から選ばれたISEFファイナリスト向けの研修会が2021年1月24日にオンラインで開催されました。これまでアメリカで開催されていたISEFの様子が紹介されたほか、昨年のISEFバーチャル大会での質疑応答について解説されました。これからの本番に向けて、満足のいく準備を進めてください。

参加ボランティア数:3名

国際学生科学技術フェア(ISEF)事前研修会にてスタッフが解説

第64回日本学生科学賞から選ばれたISEFファイナリスト向けの第1回研修会が、2021年1月9日にオンラインで行われました。日本サイエンスサービスから2名のISEF経験者が、大会までの準備や現地での楽しみ方などを解説しました。昨年のオンラインバーチャル大会を経験したNSSスタッフからは、今年のオンライン大会の準備で気を付けるべき点が紹介されました。英語での研究発表やオンライン開催ということで不安を感じるかもしれませんが、満足のいく準備ができるようにこれからもサポートしていきます。

第18回高校生・高専生科学技術チャレンジ(JSEC)運営サポート

2020年12月12~13日、オンラインにて第18回高校生・高専生科学技術チャレンジ(JSEC)最終審査会が開催されました。今年は初のオンライン開催となったため、審査会に先立って11月28日にはリハーサルが行われました。リハーサルでは、ファイナリストの皆さんと共に本番での操作方法やスケジュール等が確認されました。NSSスタッフは審査委員役として参加し、ファイナリストの皆さんは初めて経験するオンラインでの審査をイメージできたようでした。
最終審査会本番には、予備審査・一次審査を通過した32研究のファイナリストの皆さんが集まり、2日間プレゼンに挑みました。今年はバーチャル3D会場がオープンし、オンラインでも実際に会場を歩いているかのような感覚で大会に参加することができました。NSSスタッフは13日にファイナリスト研究交流会と懇親会に参加し、皆さんの研究に対する熱い思いを感じました。ファイナリストの皆さんは他の研究発表を聞くことで刺激を受けたと同時に、全国の研究を楽しんでいる仲間たちとの交流を通して視野が広がったようでした。

ファイナリストの皆さん、2日間の審査会お疲れ様でした。スタッフ一同、今後の活躍を楽しみにしています。

第2回Regeneron ISEF2020研修会をサポート(日本学生科学賞)

2020年3月8日、第63回日本学生科学賞から選出されたRegeneron ISEF の日本代表向けの2回目の研修会が行われました。日本代表が読売新聞東京本社に集まって行う予定だったポスターデザインワークショップは、オンラインベースで実施しました。事前課題を配布し、受講時にファイナリストらにそれらを答えてもらいながら進めていきました。また、質疑応答の場でもファイナリスト側から活発に質問が飛んでいました。ここから本番で使うポスター制作を行っていきますが、今回のワークショップの内容をしっかりと活かしきって、わかりやすいポスターを作って欲しいと思います。

リジェネロン国際学生科学技術フェア(Regeneron ISEF)事前研修会にてスタッフが解説

2020年1月12日、第63回日本学生科学賞から選出されたRegeneron ISEF の日本代表向けの1回目の研修会が東京大手町の読売新聞東京本社で行われました。日本サイエンスサービスからは2名の大会経験者を派遣し、大会の概要、日程と現地での行事の様子などを説明しました。ファイナリスト達は緊張した面持ちで話を聞く一方、大会期間中に開催される数々のイベントや交流を楽しみにする様子も見られました。英語での研究発表に不安を感じるかもしれませんがこれから約4ヶ月間の準備を経て大会で活躍する姿をスタッフ一同楽しみにしています。

第63回日本学生科学賞運営サポート

2019年12月22~24日、日本科学未来館にて第63回日本学生科学賞中央最終審査・表彰式が開催され、NSSは運営サポートを行いました。
23日には生徒交流会・教員懇談会を主催し、日本各地の学校から集まった生徒や先生方の交流の場を設けました。生徒交流会では、ゲームと懇談会をNSSでコーディネートし、2日間にわたる審査を終えた生徒たちがリラックスして楽しむ様子がみられました。 受賞者のみなさん、この度はおめでとうございます。スタッフ一同、今後の活躍を楽しみにしています。

第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)運営サポート

2019年12月14~15日、日本科学未来館にて第17回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)最終審査会が開催され、NSSは運営サポートを行いました。今年の最終審査会には、予備審査・一次審査を通過した32研究のファイナリストの皆さんが集まり、2日間ポスター発表に挑みました。NSSスタッフは14日に生徒交流会に参加し、日本各地の学校から集まった皆さんと交流させていただきました。交流会には、過去にJSECや世界大会ISEFに出場し、現在ロボットコミュニケーターとして活躍する吉藤オリィさんも参加しました。吉藤さんはスピーチで、JSEC等のコンテストで出会った仲間とのつながりの大切さを、生徒の皆さんに伝えてくれました。15日には一般公開プレゼンの時間が設けられ、NSSはこの中で生徒同士の相互発表会を企画しました。ここでは生徒の皆さんの投票により選ばれた「ファイナリスト大賞」を3研究表彰させていただきました。皆さんは他の研究発表を聞くことで多くの刺激を受けたようです。
ファイナリストの皆さん、2日間の審査会お疲れ様でした。スタッフ一同、今後の活躍を楽しみにしています。

参加ボランティア数:5人

課題研究の進め方と発表方法についての講演を行いました

11月27日に埼玉県立浦和高等学校の高校1年生の皆様に講演を行いました。研究に行うにあたっての基本のルールや、研究テーマの見つけ方、研究の進め方、参考文献の探し方、発表の方法について、スタッフが解説しました。研究を始めて1年目の生徒たちですが、講演の後、積極的に質問をする生徒が多く、身近な課題を自ら見つけ、一生懸命取り組む姿が印象的でした。

埼玉県立浦和高等学校のページはこちら

参加スタッフ:1名